Enjoy (old man but new style) Fun Surfing
Home Mail
サーフィンだけではなく、海の全てを楽しむ・・・・ウェーブビジョン風・海適生活のススメ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Factory

 
フォルダイメージ

その人、その年齢に合った楽しみ方が出来るサーフボードをつくっていく・・・

surfboard
  factory
私は若い頃、オーストラリアでシェイパーとしての勉強を積み、帰国後、関東にある工場で修行しました。その後、ここいわき市にショップ・工場をオープンし、シェイプを続けてきました。当初はコンペティション系の板をメインにシェイプしていましたが、ファンサーフ系の板づくりにシフトし、スタイル・レベルはもちろん「その人がいちばん楽しく乗れる板」という事を一番に考えにサーフボードをつくるようになりました。ちなみに私は10代からサーフィンを続けてますが、自身も、年齢とともにそのスタイルが変化してきていると感じます。10~20代というのは、体力、気力ともにたっぷりありますから、波乗りも勢いでガンガンいけるんですね。30代前半ぐらいになると、気持ちは20代のままで、体力は少しずつ落ちてくる。さらに次の世代のサーファーも上手くなってきて、落ち込んだりするわけです。それが、40代あたりでふっきれるんですね。もうあがいても仕方がないと、今の自分を受け入れる。すると若い頃とは違った楽しみ方が見えてくるんです。また、30代40代以降でサーフィンと出逢った人たちは人目を気にしたり、人と自分を比べたりしないで、マイペースに楽しんでいる人が多いですね。そんな人たちに、もっと新しい波乗りの楽しさが発見できるようなサーフボードを提供しながら、自分も一緒に楽しんでいけたら考えています。「この歳で初心者では」などと躊躇している方、もう一度サーフィンをやりたい年輩の方、女性の方もお気軽にご相談下さい。
 
■レトロツイン(クワッドフィン)
■シングルフィン■ファン
■ロング ■ショート
■アライヤ ■ウッド(桐)
■オバQ
年輩の方向けに、ロングだけでなくシングルやツイン等にも力を入れています。特にレトロツインは、長め、厚め、幅広めの超浮力仕様ながら回転性もスポイルしないようにシェイプしており、ショートからの乗り換えも違和感が少ないので、ショートはきつくなったけどロングはまだ・・という方などにもオススメです。
Pagetop

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Pagetop
最新記事
月別アーカイブ
WAVEVISIONの購読

 RSSリーダーで購読する